2009.01.15 『眠れすぎれよる』
へい。
仕事中だけど日記をかくよ。

a0090173_1851643.jpg


日々、仕事場、実家、新居を往復しているわけだけど
仕事場2匹、実家2匹、新居2匹と
私ってば毎日6匹のねこと会っているわけで、
新居の駐車場でワイルド野生たちなんかと遭遇した日には
もうねこまみれなワケなのですよ。
それでそんな猫たちと、
まいにちまいにち挨拶交わしてわかったことは、

猫はほとんど寝ているということ。
それぞれ性格はあるが耳と耳の間つまり眉間を撫ぜられるとふにゃんとしちゃうこと。
自分の名前が分かるときと分からないときがあるということ。
いろいろあるけど、かつおぶしは何にも替え難いということ。

そして、カバは人を殺します。



a0090173_1854374.jpg
小さいときのベルカ 小さ!ベリーベリーキュート
a0090173_186848.jpg
冬毛を蓄えて貫禄を増すギズモ。 さむいね。あごの下の毛、もつれてるよ。


最近前にも増して夜眠れ過ぎるというかとても早寝で、
そのおかげであれほど辛かった朝もわりと楽。
体を気にして朝ごはんなんかも食べちゃったりなんかして
とても良いね。良いサイクルだ。

工場で何かを作る機械があるとする。
機械から機械へと紡がれながら、完成までを走る工程。
恐らく、美しいものが出来上がるまでには、
その道のりまでもが美しい。
それは美しい環境でないと、美しいものは産み出せないというようなことではなく、
美しいものの背景は必然と美しいものだ。
おのおのが持つ美醜のものさしをあてるまでもなくね。
大切なことはいつも、結果ではなく過程だと誰もがそう念頭に置くように。
私の生活も小気味よく、
そういった美しいリズムでもって成り立ってもらいたいもんだわ

などと。




妊娠のせいだろう、わりとぐっすり寝れている気はするが
夜中に何度もトイレで目が覚める。
自分を守る繭のような布団からやっとの思いで這い出して
僅か数秒の、ありふれた日常を模したような、孤独な寸劇。

古い我が家では、縁側から一度外に出ないとトイレには行けず、
それこそ孵化したてのような、まだ輪郭もはっきりしないような冷たい朝の空気に身体が触れる。
空間に自分だけが居るようで、清清しいけど、身震いしちゃうそういう時間帯。

何かどうしても果たさなければならないと
長い間思い込んできた使命があったけれど、
じつはそれは、自分のものではなかったと知った翌朝のような。
精算の末に何かを得るのが夜だとすれば、
始まりの朝は何かを失う気もしなくはない。

だけど儚さを美しさと勘違いして
そんなこと何もなかったかのようにまた布団に潜り込んでしまえる図太さに
感心させられたり、ちょっとガッカリもしたりする。
それでも胸を満たしてくれるものは、いつだってすぐそこにあって、
そいつらを全部おざなりにしてまで、手にしたものなど有るに足りない。
そうしてまでその感動を手にしたいとは思わないだろう。
囁きかけるのはやはり、
優しい悪魔の顔をした君だな。



それでは、そろそろ客が来そうな気配なので
ここらへんで。

旦那が風邪だし、気が付けば心がそれを渇望しているので
今日はカレーうどんにします。
あーもう口がカレー



暇な人はこれ↓を見てください。
他人ごとのようにはおもえません。





【もう若くないな、大人になってしまったなと思う兆候】

1. 観葉植物を枯らさなくなった
2. 狭いベッドでのSEXはもう考えられない
3. 冷蔵庫にはビールより食べ物のほうがたくさん保存されている
4. 午前6時は寝る時間ではなく、起きる時間だ
5. お気に入りのBGMがナツメロだ
6. 天気予報を見るようになる
7. 友人達がつきあったり別れたりする代わりに、結婚したり離婚したりする
8. 休暇が130日から14日に減る
9. ジーンズとセーターはもうよそ行きではなくなった
10. うるさい騒音元は自分ではなく、近所の子どもである
11. 年配の親戚が、下ネタジョークを隠さなくなる
12. 深夜営業の店が何時に閉店するのかわからなくなる
13. 昼寝をする
14. 食事と映画がデートの前菜ではなくフルコースになる
15. 夜中の3時に食べる手羽先で、腹を落ち着かすどころか壊す
16. 約500円のワインはもうイケると思えない
17. 朝食を朝食の時間に食べるようになる
18. 「前はもっと飲めたんだけどね」が、「もう二度とあんなに飲むのをやめる」に変わる
19. PC前に座っている9割の時間は本当の仕事だ
20. 節約のため、飲み屋より家で飲むようになる
21. 友人が妊娠したと知ると、「うわっ、いったい何があったの?」の代わりに「おめでとう」を言う
22. このリストを全部見たとき、自分に適応しないものをたった一つでもと必死で探したにもかかわらず、自分を救えなかったとき



ドンマイ!
皆もはやく寝ろよ!
[PR]
by aoi-ozasa | 2009-01-15 18:08 | Daily life
« blog-top << 2009.02.10 『その匂... 2009.01.09 『そんな... >>


Allegro

25歳なりました。日記は長いです。覚悟してください。
by aoi-ozasa
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ファン申請

※ メッセージを入力してください