<   2005年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
my room
a0090173_21313646.jpg

私のお気に入りを紹介します
以前までの日記 2005
以前までの日記 2006
最近の日記
過去の絵
[PR]
by aoi-ozasa | 2005-03-31 00:00
my room07/Christmas Ornament
a0090173_1235940.jpg

あっという間に肌寒くなり、もうすぐクリスマスですね。
もちろんこのイベントがだいすきです。

昔からよく、アメリカ映画なんかに出てくる広いリビングの中にそびえたつ
床周りにプレゼントがいっぱい置かれたもみの木や
西欧のキャンドルクリスマスの文化にとっても奥深い憧れがありました。
ですので、その季節になると、あのアメリカ映画やヨーロピアンには足元にも及びませんが、
自分の部屋にも、気持ちクリスマスの施しをしたりします。

左から/スワロフスキー天使オーナメント(言っておくけどこいつは高い)/パリで買って割れたのに修復されていないシャンデリアの用品/雑貨屋で購入したミニシャンデリア型オーナメント/アンティークのステンドの星型オーナメント
a0090173_136993.jpg
この写真は去年恋人の家を勝手に盛り付けた有様です。
去年のコンセプトはホワイトだったもので。
でもこのガラスの切子ミニワイングラス勝手にキャンドルホルダーと化してるけど
100円均一でした。
切子的にはゴミみたいなものだけど、とても100円とは思えないほどの可愛いさ。
あー、今年はどんなのにしようかな~。

a0090173_1373473.jpg
今年はスワロフスキーの毎年デザインが少し変わる、この雪の結晶のオーナメントが
すごく欲しくて、自分へのクリスマスプレゼントはこれにしようかと、
早くも10月から考えているあまりです。
[PR]
by aoi-ozasa | 2005-03-10 01:24
my room06/AMERICAN RAG CIE glass
a0090173_2040979.jpg

先日、友人のご結婚祝いのプレゼントを買いに梅田に寄った折に、
衝動買いしてしまったグラスです。

e-maのAMERICAN RAG CIEで ひとつ1500円でした。。

これでマイグラスは4種類目。
ずっとアメ色(べっこう)のものが好きで集めていましたが、水色のC/Sときて、今回は赤に。
赤は華硝の江戸切子のものが欲しかったのですが、まあいいや。
でも私、ひとり暮らしでもないのに、こんなにマイグラスどうするんだろう・・

a0090173_20444469.jpg友人のプレゼントにはバカラのベガ(定番??)を選びました。
本当を言えば、モザイクシリーズをあげたかったのですが(色が豊富に選べるし、夫婦っぽい)まあ貧乏な私の予算を軽く3倍は超えそうでしたのであきらめました・・
でも自分が結婚するときには、
←ブラックエンジェルシリーズを買おうと思う・・
ひとつ6万くらいするけど・・・。


というわけで、今回は値段はかなり低めで自分には、バカラの赤に似たようなグラスを買いました。
これで缶チューハイでも美味しく感じられるはず・・?

AMERICAN RAG CIE
http://www.americanragcie.co.jp/jp/top.html

Baccarat Crystal
http://www.baccarat.fr/jp/home/index.php

ちなみに今ラグシーで取り扱いがあるZahra Sajan指輪がとてもほしいです。
だれかください。

その他のお気に入り
[PR]
by aoi-ozasa | 2005-03-06 00:00
my room05/ガスマスク
a0090173_2239067.jpg
ガスマスクです。
2年前の戴きもので、とてもとても欲しかったので、
今でもかなり気に入っています。

こちらはイスラエル軍のもので、フィルターの部分と、水筒につながる部分が特徴です。
私はsigur RosのPVに出てくる子供用の旧ソレン軍のガスマスクが
とても欲しかったのですが、
お返しにそれをプレゼントする際に見たところ、子供用のため少し頭部が小さく、
不気味でもあったやもしれません。
ですので、実際にかぶることの出来るこちらが今はとても気に入っています。
ガスマスクには非常に様々な種類があり、
その用途や軍などのカラーによっても形が異なります。
もっと詳しい情報を知りたい方はこちらからどうぞ↓
http://www99.big.or.jp/~father/mask/mask.html

チェコ製ものなどビックリです
[PR]
by aoi-ozasa | 2005-03-05 00:00
my room04/キャンドル
a0090173_22282395.jpg
キャンドルです

やはりクリスチャンの私としてはキャンドルは欠かせません。
何しろ光をともした状態での優しい雰囲気がとても癒されますし、
溶け方もグロくていいです。

この間、フランスへ旅行に行ったときは、ちょうどイースター祭の少し前であったようで、
街中でも多くキャンドルを売っているお店を見かけました。
イースター祭とはご存知であるかとも思いますが、キリストの復活を祝うもので、
このときになると、信者たちは古くから創造,豊饒,新しい命のシンボルと見なされてきた卵を家に飾ったりなんかします。

ですので街のキャンドル屋さんではイースターエッグと呼ばれる卵の形をしたキャンドルが多く見受けられました。
とても欲しかったのですが、重すぎるということと、お金があまりに無かった私は買えずじまいで、次に行くときには必ずその頃を狙って、是非手に入れたいと思います。

今年は暑かったので、部屋のキャンドルホルダーに指しっぱなしであったキャンドルは
ほとんどがいがんで、歪な曲線を描いてしまいました。
ゆっくりとした力には、折れずよくもにここまで曲がるものだなぁ
と感心させられたものです。
ある意味自然の造形美ともとれたので、一応このままとっておくことにしてあります。
[PR]
by aoi-ozasa | 2005-03-04 00:00
my room02/クリスタル
a0090173_21552228.jpg
クリスタル

ビンを集めるのに変わったものがこれ。
クリスタル/水晶です。
アンティークではない雑貨屋などでちまちま集めていたビンとは違い、
値段もかなり張るし、なかなか手に出来ないのが水晶です。

私は水晶の中でも上部が六角形にカットされた六角水晶が好きで、
六角柱は水晶の結晶の基本形で、先端から強い気を発すると言われています。
色は様々ですが、特に透明度の高いものを集めています。
そして水晶には虹入りや、苔入り、針水晶など、様々な呼び方をされるものがあり、
水晶が結晶として固まる際に出来たインクルージョンの模様でかなり値段が変わってきます。
私が欲しいのはファントムクリスタルと呼ばれるそれらの中でも特に希少価値が高い水晶で、別名でゴースト(山入り水晶)とも呼ばれるものです。
ファントムクリスタルは一時成長が止まった水晶が、再び成長したもので、
内側には、先端と同じ形の結晶が何層にも形成したものが見えるため、
非常に幻想的な雰囲気があります。

まだ六角水晶は4つ・・
お金があるときに少しずつ買い集めたい

しかし水晶には様々な由来や意味性を多く含んだものがあるので、
あまりむやみに集めてはよくないのかもしれないですので、
こちらはもう少し勉強が必要ですね。
[PR]
by aoi-ozasa | 2005-03-03 00:00
my room03/アクセサリー
a0090173_2261754.jpg
今一番興味があるのがアクセサリーです

もともと昔から、ピアスやネックレスなど
ジャラジャラとしたものを身に纏うのが好きでしたが、
最近では、腕時計をするようになり、ブレスレットはほとんどしませんし、
ネックレスもあまり付けません。

指輪とピアスくらいはファッションの一部化していますが、
そのほかのほとんどは収集の癖が出ています
a0090173_22253585.jpg
中でも特に興味があるのはやはりクロスモチーフのもの
家も別に普通の仏教ですし、個人的に教会にも通わないですが、
私は一応クリスチャンですので、やはり十字架の類ものには特に惹かれます。
ロザリオなども何本か持っていますが、最近は流行りであるのか、
そういうタイプのものがよく売られていて、
私にとっては嬉しいやら、不可解やら、少し複雑な気分です。
十字架はキリストの受難の象徴また死に対する勝利のしるしとして捉えられており、このため「聖なる木」「死を滅ぼしし矛」などの美称があると言われています。
そしてプロテスタントのほとんどの教派でも、十字架はキリストの受難を象徴するものとして教会装飾に取り入れられていますが、十字を描く習慣は排除されつつもあるようです。
ちなみに十字を切るという言い方はカトリックなので、
わたしはカトリックに位置するのかな?(非常に個人的なのでよく分からない)

まあ色々意見もありますが、まあ可愛いのでいいでしょう。
【クロス】
画像左から/手芸屋で購入したクリスタル類に革紐を買ってつけたもの/雑貨屋にて購入/バカラ・EDENシリーズ/JEM KINGDOM/K18/JEM KINGDOM/ボディーピアス/指輪etc・・
a0090173_22181623.jpg
この間ビームスでこんなものが売られており、思わず衝動買いしてしまいました。
400円 プラスチックのロザリオ

やはり可愛いですね
[PR]
by aoi-ozasa | 2005-03-03 00:00
my room01/ビン
a0090173_21332235.jpg
まずはこのビンたちから

ビンを集めだしたのは1、2年前からですが、最近ではグラスの方が惹かれるものが多く、
鑑賞用のビンはほとんど集めていません。
他にも小さいものなどを含めるともっとたくさんあったのですが、
あげてしまったり、飾るスペースがないので、収納しています。
私は特に、実験用などに使われるビーカーやフラスコなど、
ガラスの素材的にはソーダガラスを使ったものが好きです。
ソーダガラスは原料にソーダ灰を使ったもので、一般的に窓などに多く見られるものです。グラスなどの原料となるセミクリスタルや鉛クリスタルを使ったものと違い、硬く、少し透明度が落ちるのが特徴です。

最近ではダイソーなど、百円均一でも様々な品物があり、
アンティークに出向かなくても、なかなか可愛いものがあったりもします。
アンティークものは可愛いですが、信じられない値段がして買えなかったこともあり、
今でも安く売られているビンを見ると心が揺らいでしまいます。
ちなみに今はバイヤル瓶と呼ばれるビンがサイズも豊富でいくつか欲しいです。

ですが、昔から、こういう透明でキラキラ(光を吸収して放出する)ものに弱く、そういう物をたくさん集めてはうっとりとする自分が居ます。

今はお金がないし、そういう趣味でもないので、宝石の類に興味はありませんが、家業柄、宝石の資格を持つと便利ではあるので、来春ごろから
そちらの学校に通う予定です。
あれらのものは意味性もあり、種類も豊富なので、
買い手としてハマらなければいいのですが・・・

【ビン】
左から/ダイソー購入赤一輪挿し/ロンドンにて購入/フランスにて購入
/雑貨屋にて購入透明保存密閉容器キーパー/志摩スペイン村にて購入
/URBAN RESEARCHにて購入/実家にあったもの双子一輪/もらいもの
[PR]
by aoi-ozasa | 2005-03-02 00:00
Baccarat
a0090173_20543931.jpg
そういえば最近の日記にも書きましたが、バカラがとても好きです。
今年の3月に友達と小旅行へ行った折、バカラ美術館(どうしても行きたかった)に行きました。
凱旋門からイエナ通りを歩くこと20分程度・・
普通の道の中に颯爽とたたずむ美術館を発見します。

a0090173_20563418.jpg
まず私たちを迎えてくれたのが、
この水に使ったシャンデリア。
もちろん価格のつけれないほどの価値があるのでしょうけど、
両手いっぱいに拡げたくらいのサイズのシャンデリアが水中で発光しているという景色は、とてもじゃないけど見入らずにはいられません。



美術館内部は作品の美しさをより引き立たせるためか、照明を落としてあったのですが、そんな時間を忘れそうな曖昧な明るさの中、このシャンデリアはその美しさに妖艶さを取り込んで、旅行者である私たちの疲れをかき消してしまうほどに輝いていました。
a0090173_214332.jpg

もちろん美術館内は撮影禁止でしたが、7ユーロくらい(記憶が定かではない)したのに、もの凄く展内が小さかったので、コソコソ勝手に撮影してきました。

雑誌にも取り上げられていたこの美術館のトイレはすごい。
トイレの中もゴージャスにシャンデリア。落ち着いて用をたせない・・

著名人ではじめてバカラの顧客となったのは、フランス国王そのもの。
ルイ18世、シャルル10世、そしてルイ・フィリップはそれぞれバカラの工場を訪れて、職人たちの鮮やかな腕前と作品の持つ完成度にすっかり心を奪われ、後にそれぞれの名が冠せられることとなるグラスセットを注文したそうです。
その他に有名なものとしては「ココ・シャネルの皿」や「ジョゼフィン・ベーカーの食器セット」などがあります
グラスにそんな風に歴史ある名前が付いているのも、私がバカラを好きな理由のひとつです。
そのほか、数々の歴史ある作品が展示されてありましたが、そのどれひとつをとっても、クリスタルがその可能性によってもたらす様々な創造性があり、これはひとつの世界であるのだな、と感心してしまいました。

結局欧州旅行にカードを持っていくのを忘れたバカなわたしは
EDENというチョーカーひとつしか買えず、まだマイバカラグラスにはお目にかかっていませんが、いつか、この壮麗なグラスで贅沢な時間・幸せのひとときを過ごしたいと思っております。

シャンデリアなど中世の美に興味のある方は、パリに行ったら是非足を運んでみてください。
ちなみにショッピングコーナーは日本語を話せる方が居るので安心です。

11,place des Etats-Unis 75116 Paris
Tel 01 40 22 11 00
Baccarat Galerie Musee
[PR]
by aoi-ozasa | 2005-03-01 00:00
« blog-top


Allegro

25歳なりました。日記は長いです。覚悟してください。
by aoi-ozasa
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
Daily life
2005-2006
Art Gallery
未分類
以前の記事
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 01月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
Link
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ファン申請

※ メッセージを入力してください