2009.04.22 『脱兎の如く』
ちょっと最近のこと。

a0090173_2073212.jpg
約2年ぶりくらいに前髪をきりました。

前髪切るってのはこう、気分転換の代名詞みたいなもんだけど、
芽吹く春みたいに何ヶ月、何年、自分の額や頬を隠し続けた暗幕を今やっと開くような、
記念式典とかでテープリボン切るみたいに、鋏一つで新しい展開をスタートさせるような…

いや、実はそんな大それたコンセプトなんてどこにもなくて
結局それはいわゆる 
"出 来 ご こ ろ" というやつだわ
と気付く25歳。


だから結果、ものの見事に一向に気分は晴れないというか、
ほんとう一時凌ぎでしかない。お手軽。茶番。アァ我ながら愚劣な。


安っぽい行為だな、とか思うかもしれないけれど
世の男子たちはその辺はもう紳士的に見抜いた上で、
オーバー過ぎずクリティカルな表現をもって言ってくれ。
新しい装いがそう悪くないということを
伝えることを惜しまないでいただきたい。


a0090173_2074642.jpg

すりガラス越しに見える景色ってきれいって、
なんとなくボンヤリ考えていた午後。
水がうまい。



a0090173_208632.jpg

届いた、頭蓋骨。命名ズガイ。
そのままやん、ズガイって
て思うけど、今初めて呼んだら、あら意外といい響き。

----ズガイ。

…なんかこう、戦記ものの漫画とかで、青の民族衣装、砂漠の民。
隠語のような刺青の入った腕っぷしの良さそうな身体は、
乾いた風を纏うように土色のマントに収められている。
手品がうまい。寡黙というより静寂な品格があり、
酒はいけるがさほど強くはない。
生き別れた女房がいる。

そういうワイルドな年齢不明のおやっさんを想像。
ズガイ・・・

現実には居ないとおもう。
そして別にそういうのがタイプというわけでもない。



a0090173_208316.jpg

最近よく見かけるおはな。
なんか花びらとか蛍光っぽいオレンジだし、茎とかひょろっと長くてかわいらしいんだけど、
こういう木の根元とか、なんか花好きのおばさんとかが異様に愛でているような
パンジーとかの植木鉢の下辺りでよく見かける。
雑草なのかなー
他の草木の栄養分を盗って生きているのか。
そう思うとこわい。

コイツ、かわいい顔してなんてしたたかなんだ。猛禽類め…
別に私の生活にはなんの支障もきたしていないが、何故か怒りすらこみ上げてくる。
抜いてやろうか!
と思うけど、特別抜く理由はないし、抜いた後どうしたらいいのか分からないので
結局いつも通りすがるたびに抜いてやろうか!
というプレッシャーだけ与えるようにしている。
べつに今妊婦特有の情緒不安定というわけではない。
ちくしょう、なんなんだ。
お花め!

a0090173_2085159.jpg

今年も毛刈りに成功したギズモ。
ライオンカット、なかなかかわいい。
本人は40を越えるおっさんだが、ぼんぼりになった尻尾はわりとお気に入りらしい。

モグちゃんは最初、毛を刈ってたった数時間で体積共に突如変貌してしまったギズモが誰か分からず
困惑して逃げ惑っていた。
猫とかって匂いとかそういうので分かると思うのだが、
あきらかに知らない猫を見るような感じで威嚇すらしていた。
今2週間ほど過ぎて、また前のように仲良く(追いかけあう程度)やっているが
モグちゃんは多分、違う猫と思っている。



a0090173_2091161.jpg

夫と花見にいった模様。
お金がないのに、夫婦でNIKONのカメラとレンズを購入。
なかなかよく撮れる。
ご機嫌でシャッターを切る夫。で、それを撮る妻、私。
・・・・
たぶんこのカメラ、夫しかつかわない・・


a0090173_2092243.jpg

この季節のこの場所、いちばんきれい。

いつも車からしか見ていないから、一度は車を脇に停めて
陽が沈むまでを拝んでいたい---
と思っているけれど、結局いつも通り過ぎるだけ。
あれ、欲しいなとずっと思っているのになんか買わない商品と同じ。
特別欲しくなかったのに思わず買ってしまうものもあるのに
何が足りないんだろう、
と思って、いや足りすぎているのか。と思った。

満足してしまっているのだ。見ているだけで。
買うことだけがゴールでないように、手に入れ方っていろいろある。
私にとって、ここの景色は、車窓からふと眺めるのがゴールだったのかもしれない。
もちろん、ゴールの先にもっと素晴らしいスタートがあるのだろう。
だけどひとまずは足りてしまっているのだな、
満足してしまうことは、時に欠陥していることと同等の力をもって
わたしたちの価値観を、距離を狭めてしまうのだ。

などというようなことを思った。

もっとうまいこと思ったはずだったが、
書いてみたら当たり前のことだった。
そういうのよくある。




a0090173_2093377.jpg


引き続き運転中。毎日往復1時間半ほど。
実際、妊婦は別に運転したらダメってことはない。
ただ集中力が途切れることと、お腹がハンドル捌きを難しくするので
控えましょう、ということらしい。
とりあえず実家に帰る臨月まではがんばろうと思う。
仕事は陣痛がくるまでするつもり。一見ありえない話だけど結構そういう人もいる。
これぞ自営業のきわみ。
産んでも質屋です。


さ い き ん

真・三國無双4にハマる。
夫とふたりねむれない夜。
ゲームは危険だ。

さぁまた日々がはじまる。
無双のように。切って切ってきりまくれ。
[PR]
by aoi-ozasa | 2009-04-22 20:26 | Daily life
« blog-top << 2009.05.09 『その感... 2009.04.10 『アマル... >>


Allegro

25歳なりました。日記は長いです。覚悟してください。
by aoi-ozasa
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ファン申請

※ メッセージを入力してください